みんな大好き、ボクらのエロ漫画

ソフィアのロマン王国

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 感想 あらすじ 【忘れていた快感が幼いカラダによみがえる】

更新日:

 

【コミなび純稿】 デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver3

 

 

 

 

ある寒い冬の日、下校する男女児童がいました。

女の子の背は小さく長い黒髪、クリクリっとした大きな黒い瞳。

少し長目の袖のセーターからはみ出ている手。

彼女の名前は由菜。

 

 

 

 

途中、由菜はタケシから父親の転勤で近々引越すので転校すると告げられます。

ほっかいどぉ?

由菜は1か月前タケシから告白を受け、以来一緒に下校していました。

しかし由菜はずっとタケシにはきちんと返事をしていません。

実は由菜には少し前まで「好きな」年上の人がいました。

未だにその年上の彼との思い出が由菜の心と身体を占めていたのです。

 

 

 

 

 

少しでも長くいたいのか、その日タケシは宿題を自分の部屋で一緒にやろうと持ちかけてきました。

断る理由はないので由菜は一緒にタケシの家に向かいます。

部屋に入るとタケシと由菜はキスを交わしました。

返事はしていなくても由菜はタケシに好意をもっているのでしょう。

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読みで読む【コミなび純稿】 デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver3

 

 

 

ファーストキスに照れるタケシ。

めっちゃやわらかい・・・やばい・・・

広瀬くん・・・初めてなんだね・・・

由菜の脳裏には年上の人の姿が浮かんでいました。

その彼との記憶がよみがえると幼いカラダは震え、しっとりとアソコを濡らせてしまいます。

由奈は彼とのコトを思い出すたびに自然とカラダが反応してしまうのでした。

忘れなくちゃ・・・

由奈は自分のことを「好きだ」と言ってくれた純粋なタケシのために、彼のことをは早く忘れたかったのです。

宿題をする前に、タケシは

もう一度キスがしたい・・・

と顔を近づけてきました。

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読みで読む【コミなび純稿】 デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver3

 

 

するとそのとき、突然部屋の扉が開き、タケシの兄が入ってきました。

習っている空手の先生からの電話で、今日は練習の日だったのに由奈と宿題をするということでサボってしまっていたのです。

 

 

 

 

兄から言われて驚いたタケシは由菜に帰ってくるまで待つように言うと、慌てて部屋から出て行ってしまいます。

一緒に宿題のはずが急に取り残されてしまった由菜ですが、実は由菜にはそれどころではない、一大事が生じていました・・・

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読みで読む【コミなび純稿】 デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver3

 

 

由菜はタケシの兄の顔を見ると、驚き青ざめ、固まってしまいます。

突如封印しようとしていた記憶が鮮明によみがえりました。

複数の男たちに無理矢理輪姦されたあの日のできごとを。

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読みで読む【コミなび純稿】デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver1

 

 

幼い由菜の小さな胸の鼓動は自然と高まっていきます。

あー、あん時の?

タケシの兄はあの時、友人たちと由菜を無理矢理輪姦したことを思い出しました。

 

 

 

由菜はあの日男たちから受けた凌辱を、タケシの兄に繰り返しヤられます。

またあの日のいまわしい記憶が幼い少女の由菜に襲いかかります。

悪夢再び。

 

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読みで読む【コミなび純稿】デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver1

 

 

過去の壮絶な経験による苦しみを小さな胸に秘めながら乗り越え、やっとできた彼のタケシ。

そのタケシのために忘れたかった過去の悪夢。

由奈はタケシの兄の部屋に連れてかれてしまい、たっぷりと中出しをされてしまいます。

何度も何度も・・・

 

 

 

最初の話はホント目を背けたくなるようなあまりにも酷い展開なのですが、しっかり伏線がはられていて、実は由菜ちゃんは・・・

詳しくは本編を読みましょう^^;

 

 

 

>>>>貧乳ロリな幼い体つきが、エロかわいい<<<<

↓   ↓   ↓ 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。

コミなび無料試し読み【コミなび純稿】 デキちゃうけど、ナカでもいいよね。ver3

-デキちゃうけど、ナカでもいいよね。
-, , , , , ,

Copyright© ソフィアのロマン王国 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.