みんな大好き、ボクらのエロ漫画

ソフィアのロマン王国

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係- 感想 ネタバレ 【義姉に精液を搾り取られ兄の代わりに子作りSEXに励む日々】

更新日:

 

 

 

 

 

会社を辞めてニートになった僕は就活名目で東京の兄夫婦のもとに転がり込んだ。

兄宅なので敷金はもちろんゼロだが、何と家賃までゼロ、自分の部屋を与えられ、義姉の手料理つきという超パラダイス!

大人になっても僕の面倒を見てくれる兄さんにはホント感謝しているよ。

早く就職してここから出て行くのが恩返しってのはよくわかるんだけど、最近ここから出て行きたくなる理由ができてしまったんだ。

それは義姉の優亜さん。

 

 

 

 

巨乳美人でお淑やかでスタイルがよくて優しい優亜さんは、ニートの僕のことを実の弟のように可愛がってくれる。

兄さんがうらやましいな・・・

そう・・・僕はこの人とずっと一緒にいたい、離れたくないんだよ。

一つ屋根の下で暮らし始めて一週間、僕の優亜さんへの想いは募るばかり。

優亜さん、好きだ~

兄さんからは「ちゃんと就活しろよ」と言われてはいたけど、僕は相変わらず朝ご飯を食べると二度寝して、昼過ぎに起きだしてはネット三昧の日々を送っていた。

どこから見ても典型的なニート♪

こうして僕はヌクヌク、甘~い生活をエンジョイしていたけど、いつしか優亜さんは本性あらわにするようになる。

 

 

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-

オ〇ニーしすぎで腱鞘炎!?コミックフェスタで無料試し読み♪

>>>>画像をクリックして欲求不満な兄嫁とで検索してね!<<<<

 

 

ある日、いつものように昼過ぎに起きた僕がシャワーを浴びようとすると、先に入っていたブラ姿の優亜さんと鉢合わせしてしまった。

僕は半裸の優亜さんを凝視していたが、はっとして状況を認識すると慌てて非礼を詫びて部屋に戻った。

でもどうしても、ふくよかなブラ姿の優亜さんのことが目に焼きついて離れない。

自然に右手が股間に伸び、僕はオナッてしまった。

優亜さんのオッパイ、生で見たいなぁ・・・

ガマンできなくなった僕は、翌日偶然を装って優亜さんの裸を見ることにする。

ようし、浴室から上がってきたタイミングで入るぞ

ドアを開けると、そこにはバスタオルを巻いた優亜さんが勃っていた。

稔くん、わざと?こんなおばさんの裸みたいの?

こういうことしていいのかな?

決して怒っているわけじゃないけど、僕の目を見つめながら淡々と諭してくる優亜さんに気後れした僕はまた詫びると部屋に戻った。

兄さんに告げ口されると追い出されて困るけど、とりあえずオナっておくか。

ニートだから基本的な行動はオ〇ニーなのだ。

 

 

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-

オ〇ニーしすぎで腱鞘炎!?コミックフェスタで無料試し読み♪

>>>>画像をクリックして欲求不満な兄嫁とで検索してね!<<<<

 

 

翌日リビングに続く廊下の壁の陰で兄夫婦の会話を聞いてると、どうやら優亜さんは兄さんには僕の覗きのことは話していないらしい。

それにしてもハイニーソとワンピースのルームウエア姿の優亜さんはカワイイ。

って、優亜さん、兄さんには見えないように、僕の目を見つめながらスカートの裾をめくってパンツとムッチムチな太ももを見せ付けてくるし。

オナニストの僕はまたオナりたくなってきた。

優亜さんがずっと見ていたけど、僕はガマンできずに廊下で勃ったまま射精。

凄い勢いで射出された精液が壁を伝って垂れている。

 

 

 

 

翌朝優亜さんの挑発はさらに大胆さを増してきた。

テーブルに用意された朝ごはんを食べようと椅子を引くと、下から優亜さんがかわいい顔をのぞかしているのに気がつく。

ナ、ナニしてるんすか?

人差し指を唇に当てて「シー」

え?オシッコ漏らせ?じゃないかw

僕を黙らせた優亜さんは目の前にある股間を愛おしそうにさすり始めた。

人妻の巧みな手使いに僕のチンポは固くなってきた。

声をたてずにっと悪戯っぽく笑いながら、優亜さんは股間をさすり続け、僕はパジャマを着たまま射精。

パンツ履いたままなので中はグチョグチョ。

兄さんの手前、僕はこの生臭いムレムレパンツを履いたまま朝ごはんを食べたw

 

 

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-

オ〇ニーしすぎで腱鞘炎!?コミックフェスタで無料試し読み♪

>>>>画像をクリックして欲求不満な兄嫁とで検索してね!<<<<

 

 

兄さんが出勤すると、優亜さんは風呂に入るようにすすめてきた。

精液でぬれたパンツはすっかり乾ききってパリパリになっている。

湯船につかりながら、優亜さんのことを考えているとまたまたオナりたくなってきたが、そこへ背中を流してあげるとバスタオルを巻いた優亜さんが入ってきた。

さっき射精したばかりだったが、僕のチンポはまたむっくり勃ちだして、硬くなってきた。

優亜さんはそれを知ってか知らずか「前を洗ってあげる」と言うと、チンポを泡だらけにして手でつかむと上下に動かして洗い始めた。

これは手コキ・・・ヤバい、石鹸でスベスベで気持ちよすぎる・・・

優亜さんはうっとりした目で僕のチンポを見つめながら

稔くんの、兄弟なのに全然違うね・・・ずっと硬い、凄い熱い・・・

指でカリ付近だけを集中的にさすられた僕はガマンできずに声を漏らすと射精してしまった。

わあ、すごいいっぱい射精しちゃったね。

義姉の手コキでこんなになっちゃうなんていけない子、フフ。

湯船であったまろっか?

エロエロな兄嫁のリードで湯船で本番へ・・・

 

 

 

 

優亜さんはお淑やかどころかもうビッチ確定ですねw

稔くんも一体一日何回オナっていることやら^^;

それこそソフィアみたいに腱鞘炎になりかねないような気がしますね~

 

 

 

 

欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-

オ〇ニーしすぎで腱鞘炎!?コミックフェスタで無料試し読み♪

>>>>画像をクリックして欲求不満な兄嫁とで検索してね!<<<<

-欲求不満な兄嫁と…-僕と兄嫁の兄には言えない秘密の関係-
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ソフィアのロマン王国 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.